Home > コンセプト・お子様の歯を守るために

お子様の歯を守るために

実は、砂糖の消費量は虫歯の少ないスウェーデンのほうが日本の2倍も多いのです。

診察風景

虫歯は自然になってしまう病気ではありません。虫歯は本来、なりにくい(発症しにくい)病気です。虫歯になるのを防ぐには、虫歯になる原因を正しく知り、その原因を取り除くことが必要です。当院では、お子様ご自身にもわかるようにお話します。
また、あなたのお子様の歯を守るためには、定期的なメインテナンス(予防検診)が不可欠です。

小児の診療の流れ

Oral Prevention について

Oral Prevention は、歯周治療の必要のない高校生以下が対象です。
虫歯や歯周病の原因や予防について、本人や保護者の方と話し合い口腔内の写真撮影も行います。

診察風景2

*小学生以下の場合は、保護者の方に理解していただけるよう、またお子様にもわかるようにお話しします。
*中高生は本人の意思で行動しますので、自分で考え、実行できるようにお話いたします。

予防健診

1日1回、5分間のハミガキで十分です。

「予防健診」に入るためには、条件があります。

治療が必要な「う窩(か)」がないこと、「オーラルプリベンション」を受けていること。むし歯のない健康な口腔内に改善されていること疾患のない健全な状態には、健康保険が適用されないことを理解していただけること。

予防健診の内容

口腔内のチェック

・虫歯の進行具合のチェック
・歯茎の炎症度合いのチェック
・咬合のチェック
・唾液検査の結果の再確認

異常があれば、院長が診断いたします。
治療内容を予定表に記入し、誰が見ても
わかるようにしております。

口腔内のチェック

ホームケアのチェック

・飲食回数のチェック
・フッ化物の有無
・口腔清掃状態

日常の生活では、ちょっとした気づかいで
虫歯になる可能性を抑えることができるのです。

ホームケアのチェック

PMTC

「PMTC」とは、毎日のハミガキで落ちない歯の汚れを、
専用機器を使い、きれいにクリーニングすることです。

知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や、
歯ブラシではなかなか磨くことができない歯周ポケット
(歯と歯茎の間のみぞ)内の歯の根の部分も磨き上げ、
汚れを取り除くことができます。

歯石を取るような治療はせず、あくまで心地よい範囲の
刺激で行います。

この後、必要に応じてフロアゲルを塗布します。

PMTC

保護者様に、診療結果をご説明いたします

保護者様に、診療結果をご説明いたします

患者様や、その保護者の方に、わかりやすくご説明いたします。
当院には小児歯科もございます。こちらもあわせてお読みください。