Home > 診療案内・あなたの歯を守るために

あなたの歯を守るために

虫歯や歯周病を確実に治療することはとても重要です。
しかし、それだけでよいのでしょうか?
虫歯や歯周病になってしまうのには、必ず原因があります。
その原因を見つけ出して取り除かなければ、再び虫歯や歯周病になってしまいます。
あなたの歯を長期間にわたり健康な状態に保つためには、定期的なメインテナンス(デンタルドック)が不可欠です。

データ紹介

スウェーデンの歯科医師チームは、成人を対象にして、PMTCを含む予防の効果を調べるため、30年の長期研究を行なってきました(PMTC単独ではなく、PMTCを含む予防プログラムです)
この研究により、継続してメインテナンスを行うと、97.7%の確率で歯を守れることが判明したのです。

メインテナンスによる30年後の残存歯数

当院においても、一定の成果が出ております。メインテナンスを行うことよって、30年という時間経過にも関わらず、歯を喪失する率は下がっています。
以下は『メインテナンスを受けている患者様のデータ』をまとめたものです。
メインテナンス平均経過年数…10.8年 (平均年齢55.8歳)
成人メインテナンス患者総数…1,039人

経過年と人数平均年齢平均喪失歯数
5年以上経過 866人56.2歳0.61本
10年以上経過 538人58.4歳0.76本
15年以上経過 261人60.9歳0.85本
20年以上経過 131人63.1歳1.31本

メインテナンスの症例

当院には、長年メインテナンスを続けてきた記録が、データだけでなく画像でも保管されています。
正しくメインテナンスを行なっていれば、経年により歯を失うことは防げることの証明になるかと思います。

メインテナンスの症例比較

このように、長期的なメインテナンスをすることによって
約30年経過しても、健康な歯を保つことができました。

デンタルドックの内容

デンタルドックとメインテナンスをお受けいただく対象者、内容はそれぞれ違います。

メインテナンス:

治療が終了しても、深いポケットが残っている人が対象となります。
短い間隔(1〜3ヶ月くらい)で、ポケットが深い部位のデブライドメント(プラークや歯石の除去)を行ないます。

デンタルドック:

治療が終了し、健康な人が対象となります。

4〜12ヶ月で、全顎のプロービング(歯周ポケットの深さの測定)、PMTCなどを行ないます。

アポイント時間と費用についてはこちらをご覧ください。

デンタルドックの流れ

口腔内のチェック

口腔内のチェック


院長の診察

院長の診察


健康ファイル

健康ファイル